Vラインって、脱毛テープで処理できるの?

MENU

Vラインって、脱毛テープで処理できるの?

薬局やドラッグストアで簡単に手に入る脱毛テープ。腕や足などの広範囲に使用しやすくて人気がありますが、Vラインの処理には使えるのでしょうか?もし使えるなら、安く自己処理できていいですよね。

 

脱毛テープによるVライン処理のメリット・デメリットを調べてみました。

 

・脱毛テープのしくみ

 

脱毛テープにはガムテープのような強い粘着力はありません。毛だけをくっつけるように処理されているので、肌表面を傷つけてしまうという心配は少ないと言えるでしょう。(ガムテープは粘着力が強く、皮膚の表面を剥がしてしまうことがあります。絶対に使用してはいけません)

 

ただ、毛抜きと同じように毛を根元から抜きますから、毛穴が広がってしまったり、次に生えてくる毛が埋没毛になってしまったり、黒ずみが出てしまうということがあります。また、毛穴がボツボツと目立つようになることもあるので、気をつけなければなりません。

 

・細かい処理は出来る?

 

脱毛テープは腕や足など広範囲の処理に適しています。ですから、脱毛テープで細かい調整を行なうのは、難しいと思われます。万が一、思い通りに処理できなかったり、失敗してしまった場合は処理前より恥ずかしい状態にならないとも限りません。

 

肌トラブルが起きてしまったら、皮膚科などの受診も必要になりますからある程度覚悟もしておいた方がいいかもしれません。

 

どうしても急いで処理する必要がある場合は仕方ありませんが、時間に余裕があるなら脱毛テープでの処理はオススメできないのが正直なところです。

えっ!たった100円で脱毛し放題?



 


私はたったの100円で脱毛しました(^◇^)


私と同じようにムダ毛で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


↓↓↓ クリックして体験談を読む ↓↓↓



↑↑↑ クリックして体験談を読む ↑↑↑